スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

思い出を振り返る日々..

      勇気との思い出は尽きない..
      短い時間の中で、たくさんの思い出を遺してくれた。

      ワン友さん達に頂いた写真を載せて、思い出を振り返る日々..
      もう二度と、勇気との新しい思い出を作る事は出来ない。
      6月9日 アイトール


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



   親戚さんとご対面~
   この微妙な距離が、シャイな性格を物語っていた。

   親戚さんだよ


   そろそろ、お互いに興味が沸いて来たのかな?
   後で知った事だが、この日いたキャバリアちゃん達はみんな親戚さんだった。   

   そろそろ


   アイトール定番の、ワンコ用パンプキンケーキ..
   元気は大好きだったけれど、勇気は食べられるかな?

   ワンコケーキ

  
        「それ、何ですか?美味しい物ですか?」

        興味津々


        まずは、匂いを嗅いでから判断..        

        食べられるかな?


        やっぱり、このケーキは食べようとしなかった。

        食べない


        ケーキよりも、他に気になる物を見つけたようで..

        image2976.jpg


   そろそろ、眠くなって来たのかな?
   勇気は眠くなると、いつでも何処でも寝ちゃう仔だった..

   眠いのかな?


   とうとう、眠ってしまった..
   勇気は、一度眠ってしまうと、なかなか起きなかった..
   パピーだから当たり前と思っていたが、そうではなかった。

   image2982.jpg


   一寝入りしたら、元気復活..初めて会ったワンコにご挨拶していた。

   ご挨拶


    ワン友さん達から頂いた写真..
    色んな表情の勇気が、たくさんいて嬉しい~
    そして、いつでも私の傍に勇気がいる..
    自分では撮れない勇気と私..もっと見たいなぁ~

    ブログの写真を入れ替えしてる時に、文章も読み返している。
    今は、4月分..勇気の体から、病気の信号が発信されている。
    勇気の体はおかしいのではと思いつつ、時間が過ぎて行った..
    この時、検査をして貰っていたら、もっと早く病気が発見出来た。
    点滴や食事、日常生活に関しても、それなりの対応が出来た..
    勇気からの信号を見逃していた私..勇気の命を縮めたのは私..
    勇気の遺影に向かい「ママを許してね」と、謝る日々を送っている。
    
    勇気が大好きだったワン友さんが、明日目の手術を受ける。
    勇気&元気..
    手術が無事に終わるように、お空の上から守ってあげてね。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

 勇気がお空へ逝ってしまった後も、ここへ来て下さっている皆さんへ
 私の心の支えになっています..本当に心から感謝しております。
 もう少しだけ、お付き合い下さいませ..

                
スポンサーサイト
2008/01/30 | 23:59
勇気のメモリアルコメント:3トラックバック:0
コメント
satokoさんへ
別れは、必ず来ます..
先住犬の元気を失った時に、もう二度とこんな思いはしたくない。
そう思っていました..
でも、傷ついた心を癒してくれるのは、生きている温もりだけでした。
そして、勇気を迎え、ベビーを育てるのはこれが最後だと思って育てていました。
でも、あまりにも早い別れが来てしまいました。

私には、娘一人いますが、今はどこにいるのやら..
でも、生きてる限り、必ず会える日が来ます..
失ってしまった愛する者への思いと、生きてる者への思いはまるで違います。

マロンちゃんを、これからも大切に育てて下さいね。
2008-02-03 日  02:18:49 |  URL | sachirin #UJ6LMiGc [編集]
読みながら いつも泣いてしまいます。私も06年8月にビーグル犬トロルを癌でなくしました。子供のいない私達には 娘でした。つらかった。うつになってしまいました。もっとはやく発見していればとか 自分を責めました。そして もう こんな思いはしたくないって思ったけど 再び 06年9月生まれのキャバリア マロンを飼い始めました。いつも マロンを育てながら トロルを思っていました。今日友達とランチをしていて 我が家は子供がいないから老後は寂しいって言ったら 子供なんて成人したら 離れていくから いるけど 離れていく 寂しさのほうがずっとつらいのよって言われました。でも それは違うかもって。犬はかならず 私達を置いて去っていきます。飼わなかったら そんな寂しさを味わう事はないけど、でも一緒にいた時間はかけがいがないものです。マロンは幸い今は元気です。でもいつか別れはくる、それは確かです。あんなつらい思いまたすることはわかっていても、与えてくれる 楽しさが忘れないのかもしれません。
2008-01-31 木  20:41:33 |  URL | satoko #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-31 木  18:32:00 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 我が家の二代目キャバリア  勇気の成長日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。